sgslt.

仕舞いきれない想いの残骸

私のジャニヲタ友達事情

 

私は交友関係が激狭なジャニヲタである。そんな私のジャニヲタ友達事情について書いてみようと思う。

 

私の場合、ジャニーズにハマったのは中学生の時で、高校入学と同時にジャニヲタを公表するようになった。好きになったばかりの頃はジャニーズが好きだというのが恥ずかしかった。そのためひそかにHPを作成してそこを自分の‘‘好き‘‘を吐き出す場所にしていた。仲良くなった子とは一緒にコンサートに行ったりもした。(今考えると中学生で随分と軽率な行動をしていたなと思う。)

 

今一番仲の良い子は高校で出会った、すみちゃん。割と大人しい子なのだが、この子との出会いは忘れもしない。高校に入って一番最初のお弁当の時間に、『I❤ JUMP』と書かれているお弁当箱を恥ずかしげもなくスクバから取り出してきた強者だった。普段自分から話しかけることは滅多にしない私だが、これは・・・!と思い、勇気を振り絞って声を掛けた(笑)。それからかれこれ6年ほどの付き合いで、ジャニーズが好き、ということを除いても一番一緒にいて安心する子である。当時の私は生粋の嵐ヲタだったために現場が被ることはなかったが、現在はJr.の現場を共に出来るようになったので嬉しい。

高校ではジャニヲタの友達がたくさんいた。というか、仲良くなった子たちが見事なまでにジャニヲタだった。嵐×3、関ジャニ×2、キスマイ×1、セクゾン×1。部活動として、ジャニヲタ皆で料理同好会を結成したりした。先輩も後輩もいなかったので(中高一貫校だったので入学時から後輩がいた)居心地は最高であった。

 またTwitterで住んでいる場所が近い子と仲良くなったので、高校に入ってからはコンサートはその子と行くことがほとんどだった(いわゆる相方というものである)。現場では同じフォロワーさん同士で会って写真を撮ったりするなど、とても楽しい時間を過ごさせてもらった。私がお会いする子は例外なく良い子ばかりだったので恵まれていたのだなあと実感した。

 

ちなみに大学ではジャニヲタを公にしていないのでジャニーズ繋がりで仲良くなった子はあまりいない。この歳になると、新たに特定の相方を作るということは難しいような気がする。そして不運なことに私の周りにセクゾンヲタが全然いない。

 

 担降りをして実際に経験したこともある。分かっていたことではあったが、応援するグループが変われば自然と話をする内容も相手も変わってくるし、元G担と話すことは少なくなってくる。これは担降りを躊躇う理由のひとつとして挙げられるのではないだろうか。相手がこちらの降り先Gのことに詳しくなければなおさらだ。SNSで出来た知り合いはよっぽど仲良くなった子じゃなければ、担当が変われば疎遠になってしまうのは仕方のないことなのかもしれない。

 

嵐ヲタを卒業してからは特定の相方はいないが、番協などわりとひとりでもパパッと応募してしまう人間なので、今のところは何とかやっていけている。しかし『うれしい』『楽しい』『幸せ』は、やはり誰かと共有したくなるものである。いずれは一緒にセクゾンのコンサートに行ってくれる友達がほしい。